Illustrator

2020.04.14  

配置画像1_埋め込み

LINEで送る
Pocket

この記事は2008年4月18日に公開したものを、2020年4月14日に更新しております。

Illustratorには画像を配置することができます。みなさんご存知ですよね。
そして画像を配置するときには「埋め込み」と「リンク」の2種類の方法があります。

どちらの方法でデータを作成していただいても印刷には問題はないのですが、それぞれ注意点がありますのでご紹介します。今回は「埋め込み」についてご説明いたします。

配置画像を埋め込む前に

画像を埋め込むとIllustratorファイルと画像ファイルはひとつになります。そのため、Illustratorファイルの容量が増えてしまいます。しかし、Illustratorファイルと画像ファイルがひとつになるので、画像のリンク切れの心配がなくなりファイル管理が楽になります。

また、Illustratorに埋め込んだ画像は、プレビューが詳細に表示されます。

画像を配置する際に埋め込む

Illustratorのメニュー「ファイル」「配置」を選択し、配置する画像を選択してください。

メニュー「ファイル」「配置」を選択し、配置する画像を選択します

「リンク」のチェックをオフにすると、画像は埋め込まれます。

「リンク」のチェックをオフにすると、画像は埋め込まれます。

埋め込み画像を更新する

埋め込みで配置した画像を修正する場合、元画像の修正をした後で、「リンクを再設定」(置き換え)を選択し、画像を配置し直します。

元画像を修正しただけではIllustratorに修正は反映されません!必ず「リンクを再設定」(置き換え)をしてください!

リンクを再設定

ちゃんと埋め込まれているか確認する方法

Illustratorの「リンク」パレットをご覧ください。

使用画像一覧の右側に小さな埋め込み(埋め込み)マークが付いている状態であれば、そのデータは画像データが無くてもリンク切れしないで開くことができます。

このマークがない場合はリンク配置になっています。

リンクパレット

配置方法を「リンク」から「埋め込み」に変更したい場合

リンク配置した画像を埋め込む場合は、画像を選択し、[リンク]パネルメニューの[画像を埋め込み]をクリックすと埋め込むことができます。

全ての画像で埋め込み(埋め込み)マークが付くようにしていただければ大丈夫!です。ファイルを保存したら、念のためもう一度ファイルを開いてみて、リンクパレットを確認するとより安心ですよ!

リンク配置した画像を埋め込む方法

ご注意ください!

作成したバージョンで保存してください

配置画像を埋め込むことができるのはIllustrator7.0jからです。このためデータを作成バージョンではなく下位バージョンで保存すると、画像配置の情報が消えてしまうことがあります。画像配置の情報が消えてしまったファイルを開く際にはエラーメッセージはでません。データは下位バージョンで保存せず、作成したバージョンで保存してください!

Illustratorファイルは配置しないでください

Illustrator形式(拡張子が.ai)のファイルをIllustratorに配置されますと、トラブルの原因となります。配置するファイルは必ずEPS形式等の画像データにしてくださいね。

説明が長くなってしまいましたが、ご参考になりましたでしょうか??次回は ”配置画像2” として「リンク」についてご説明します。お楽しみに!

LINEで送る
Pocket

デザイン制作サービス

  • お客様のラフをもとにデザイン制作。デザインから印刷までのワンストップサービス。

    デザインアシスト
  • お客様に代わってデータを修正。入稿まで徹底サポート。印刷物からのデータ作成も承ります。

    修正サービス
  • デザインを企画から制作まで。ご要望に合わせ訴求力のある印刷物をご提案。

    フルデザイン