印刷用語集

2009.01.20  

ノンブル

LINEで送る
Pocket

今日は印刷用語の「ノンブル」を紹介します。冊子を作成される方はみなさんご存知ですよね。
ノンブルとは…本のページを表記する数字のことで、語源はフランス語のnombreです。

私が初めてこの言葉を聞いたのは当時通っていたDTPのスクールでしたが、「ノンブル」の響きがなぜかとてもかっこいい!と思ったのを憶えています。…そんなことないかな?(´∀`*)ゝ”
ウエーブではあまりノンブルという言葉は使いませんが、私のお気に入りの用語です。

さてこのノンブルには「隠しノンブル」というのもあります。
面付けや製本の際の確認用のみに使われ、仕上がった本を開いても見えないようになっているノンブルや、ノンブルが入るはずの位置に写真等が配置されていてノンブルがない場合をこう呼びます。

nombre.jpg

LINEで送る
Pocket