データ作成

2007.10.23  

トンボ(トリムマーク)

LINEで送る
Pocket

最近、赤トンボをよく見かけます。私は滋賀県の北の方に住んでいるんですが、田舎だからでしょうか、家の近所の田んぼにはかなりの数のトンボがびゅんびゅん飛び回っています。
印刷で使われるトンボは十字部分(センタートンボ)の形がこの昆虫のトンボに似ていることから、こう呼ばれています。なんだか可愛らしいですね。

家庭用プリンターでプリントするときには、通常はトンボは付けません。普段の生活で目にする印刷物にもトンボは付いていません。でも印刷物ができあがるまでの過程で、トンボはとても重要な役割を果たしています。今回はそんなトンボについてのお話です。
(トンボとトリムマークはその形は同じなのですが、機能や作成方法が異なります。一般的にはトンボ=トリムマークとして扱われることが多いので、ここではトンボ=トリムマークとしています。)

uycyiauyeyoyueyeyeyaythyeaaiaith.jpg

プロセスカラー印刷(CMYKの4色印刷)ではインキをK→C→M→Yのインキ順に印刷をします。その際にKCMYの印刷位置を合わせるため(見当合わせ)にトンボを利用します。そのためトンボはC:100% M:100% Y:100% K:100%で作成することになっています。
また両面印刷の際には表と裏の印刷位置を合わせる時にもトンボを使います。
コーナートンボ(角トンボ)はL字が2つ重なっていますが、その内側を結んだ線が断裁位置(仕上がり線)、外側の線が塗り足しを作成する範囲となります。
トンボは仕上がった印刷物には付いていませんが、作業の過程では複数の役割がありとても大切な存在なんですね。

ご入稿データにトンボが付いていないと作業が進められないことがありますので、必ずトンボを付けてください!ウエーブでご用意しているテンプレートには既にトンボは付いていますので、定型サイズのご注文の際にはぜひともテンプレートをご利用ください。 (Officeデータやphotoshop画像のみのご入稿の際にはトンボは不要です。)

テンプレートのダウンロードはこちら
https://www.wave-inc.co.jp/form/material.html

簡単!トンボの作成方法
仕上がりサイズの長方形を作成→塗りと線設定をなしに→フィルタ→クリエイト→トリムマークを作成(オブジェクトメニューからのトンボ作成は不可です。)

uycyiauyeyoyueyeyeyaythyeiaith.jpg
長方形の線の設定をなしにしないままトリムマークを作成すると、線幅がトンボのサイズに影響します。印刷物の仕上がりサイズが変わってしまいますので線設定は必ずなしにするのがポイントですよ!

LINEで送る
Pocket

デザイン制作サービス

  • お客様のラフをもとにデザイン制作。デザインから印刷までのワンストップサービス。

    デザインアシスト
  • お客様に代わってデータを修正。入稿まで徹底サポート。印刷物からのデータ作成も承ります。

    修正サービス
  • デザインを企画から制作まで。ご要望に合わせ訴求力のある印刷物をご提案。

    フルデザイン