印刷用語集

2008.11.28  

リッチブラック

LINEで送る
Pocket

今日のテーマは「オーバープリント_2」でも触れましたリッチブラックについてです。

リッチブラックとは?

CMYKの掛け合わせで表現した黒(リッチブラック※)は、K100%のみの黒(スミベタ)に比べて締まりのある黒になり、オーバープリントの回避もできるので、面積の広い黒のオブジェクトを作成する時にはとても便利です。
(※弊社ではK100%にCMYをそれぞれ40%程度プラスしたリッチブラックを推奨しております。)

black.jpg

リッチブラックの注意点

しかし、小さな文字等にリッチブラックを使用すると、下図のように見当ズレが目立ってしまい、綺麗に仕上がりません。
見当ズレは印刷の際に発生するため、モニターで確認することはできません。

black-moji.jpg

データにもよりますが、小さな文字や細い線はスミベタ、白抜き文字がある場合もスミベタ、面積の広い部分にはリッチブラックを使うのがおすすめです (・ω・)O(図はイメージです。色の差や見当ズレを分かりやすく表現しています。)

スミベタとリッチブラックは、それぞれの特徴を理解し使い分けることが大切ですね。スミベタ、リッチブラックについてはデータ作成ガイドでも詳しくご紹介しております。

印刷の黒「スミベタ(K100%)/リッチブラック/4色ベタ」

LINEで送る
Pocket