印刷用語集

2008.03.21  

高精細印刷_3_一般的な印刷物との違い

LINEで送る
Pocket

高精細印刷_1では網点について
高精細印刷_2ではスクリーニングについて解説してきました。
高精細印刷_3の今回は、一般的な印刷物と高精細印刷の違いについてご説明します!

【高精細印刷とは?】

網点が小さいほど、細部の表現力が向上し色鮮やかで高品質な印刷に仕上がります。網点の細かさが一定以上のものを高精細印刷と呼びます。

【高精細印刷の特徴】

■彩度の向上
網点が微細なためより原色に近い発色が可能になります。

■ロゼッタパターンの解消
特定のパターン構造によって発生する甲羅模様が解消し、より滑らかな表現ができます。

■モアレの減少
網点の違いや傾きによって発生する干渉縞が減少し、パターン柄等の表現力が向上しています。

■細部の表現力の向上
写真の解像度が向上し、機械等の細部の表現力がアップ!

【一般の印刷との比較】

kouseisai1.jpg

私たちが目にする商業印刷物のほとんどは、AMスクリーニング175線で印刷されていますが、ウエーブのオフセット印刷(大部数チラシを除く)は、FMスクリーニング20μ、AMスクリーニング240線の高精細印刷です。
その品質の違いは、印刷物を手にしていただければすぐにお分かりいただけます!ぜひ実感してみて下さいね♪

資料のご請求はこちら
https://www.wave-inc.co.jp/form/material.html

高精細印刷についてはこちら
https://www.wave-inc.co.jp/products/kouseisai.html

LINEで送る
Pocket