印刷用語集

2008.02.12  

高精細印刷_2スクリーニング

LINEで送る
Pocket

オフセット印刷の場合、みなさんからご入稿いただいたデータを網点に変換し、印刷機にセットする版を作成します。このご入稿データから網点へ変換する技術をスクリーニングと呼んでいます。

スクリーニングにはAMスクリーニングとFMスクリーニングがあり、網点表現の規則性が異なります。”高精細印刷”第2回目の今回は、AMスクリーニングとFMスクリーニングの違いについての簡単な解説です!
網点については先日簡単な解説をしましたのでぜひご参照ください♪

“高精細印刷_1網点”はこちら
https://www.wave-inc.co.jp/weblog/?p=214

【AMスクリーニング】

am.png

振幅変調を意味する、Amplitude Modulation Screening(アンプリチユード・モジュレーション)の略です。
色の濃淡を等間隔に並んだ網点のサイズの変化により表現します。色の薄い部分の網点は小さく、色の濃い部分の網点は大きくなります。現在、最も一般的な方式です。

【FMスクリーニング】

fm.png

周波数変調を意味する、Frequency Modulation Screening(フリーケンシー・モジュレーション)の略です。
色の濃淡を網点の大小で表現するのではなく、均一で小さな点の密度の変化により表現します。色の薄い部分の密度は低く、色の濃い部分の密度は高くなります。
1983年(昭和58年)ドイツのダルムシュタット工科大学のゲルハルト・フィッシャー氏が考案した方式です。

AMスクリーニングとFMスクリーニングは、濃淡の表現方法が違うんですね。ウエーブではAMスクリーニングとFMスクリーニングの両方を採用しています。そしてどちらも精細な網点で表現する高精細印刷です。高精細印刷についての第3回は”一般的な印刷と高精細印刷の違い”についてです。こちらもお楽しみに♪♪♪

高精細印刷についてはウエーブホームページもご覧ください!
高精細印刷について

LINEで送る
Pocket