印刷用紙ガイド

2014.05.30  

もっとも一般的な商業印刷用紙「コート紙」

LINEで送る
Pocket

もっとも一般的な商業印刷用紙「コート紙」

担当スタッフ印刷のウエーブをご利用いただきありがとうございます。ブログメンバーの久松です。
紙って何を選べばいいのかわからない…。というお問い合わせをよくいただきます。そこでウエーブで取り扱っている用紙についてもっと詳しく掘り下げてご紹介します!!今回は『コート紙』です♪

コート紙とは

コート紙

最も一般的な「塗工紙」です。塗工紙とは、表面をコート剤・白土(クレー)などの特殊な薬品でコーティングすることによって、良い印刷品質が得られる紙のことを指します。
インクの乗りが良くなるため色の再現性に優れ、写真が綺麗に仕上がる特徴があり、商業印刷に用いられることが多いです。表面が塗工されているので光沢があり、『ツルツル』と手触りが良い滑らかな用紙です。

おすすめの使用方法

ウエーブでは、薄紙系(73kg~135kg)から厚紙系(180kg~360kg)まで厚さも豊富にご用意しております。
その中でもどのような用途の注文が多いのか紹介します★

チラシ印刷/フライヤー印刷

フライヤー見本

色の再現性が高く、見た目にも光沢があるため、イベント等で配る写真やイラストの多い印刷物におすすめ。
さらに110kg、135kgの厚さなら紙が薄すぎないため1枚仕上がりの印刷物でも安っぽいペラペラな印象になりません。

>>チラシ印刷/フライヤー印刷はこちら

はがき/ポストカード印刷

ポストカード見本

ポストカード印刷では、片面全体に絵柄を配置したデザインをされているお客様が目立ちます。
コート紙の最大の特徴である、絵柄の再現性の高さが活きますね。

これからの季節ですと、暑中お見舞いがおすすめです。暑中お見舞いに加えて、サマーセールなどの情報を載せると販促にも有効です!
イベントに合わせて綺麗なイラストや写真を使ったDMなどをお求めのお客様にとてもおすすめですΣd(゚∀゚d)

>>はがき/ポストカード印刷商品はこちら

名刺/カード印刷

名刺/カード印刷

会社のロゴマーク等も発色良く、名刺印刷に使われるお客様も多くいらっしゃいますね。美しい仕上がりは見た目にも好印象を与えます(ΦωΦ)
厚さもかなりしっかりしているので、安心感を伝えることもできます★

>>名刺/カード印刷商品こちら

中綴じ冊子/カタログ印刷

中綴じ冊子/カタログ印刷

写真が綺麗に仕上がるため、写真を多く使用する冊子におすすめです!冊子でよく注文されている厚みは90kgです。特有の、指に吸い付くような感触があります。

発色もよく、見た目にもしっかりとした印象が感じられます。表紙のみ厚さを変えるお客様も多く、よりしっかりとした作りになります。本文が90kgなら表紙は135kg程度、本文が135kgなら表紙は180kg程度と、表紙には本文より少し厚めの用紙がオススメです。

>>中綴じ冊子/カタログ印刷商品こちら

コート紙の弱点

残念ながら不向きなことがあります…(ノД`)

えんぴつやペンで何かを書く、スタンプを押すことには不向きなのです。書いたり、スタンプを押したあとに触れてしまうと…

ふたつの擦れ

表面が塗工されているため擦れてしまいます。ご注意を…(゚A゚;)

レーザープリンター・インクジェットプリンターでの印刷には適していません。

プリンターの熱が表面に塗布されたコート剤に作用し気泡が生じる場合がございます。また表面のコート剤にインクが定着し難い場合がございます。ですので、「コート紙を使用した印刷物に家庭用プリンタで宛名をつける」等はおすすめいたしません。

実際に触ってお確かめください

お手に取って確かめたいお客様は資料請求フォームよりサンプルを請求ください。
用紙のサンプルだけではなく、ウエーブの商品サンプルも同梱し、全て無料でお客様にお届けいたします。ぜひ、ご利用くださいm(_ _)m

>>用紙サンプル請求はこちら

いかがでしたでしょうか。
『コート紙』は一般的に広く使われている用紙であり、弊社の中綴じ製本冊子チラシ印刷/フライヤー印刷はがき/ポストカード印刷でもよく使用されております。再現性の高さから、写真やイラストを載せたデザインに適した用紙です。ぜひ、ご利用ください!

LINEで送る
Pocket