印刷用紙ガイド

2019.01.30  

チラシを作るなら コート紙かマットコート紙か!?

LINEで送る
Pocket

チラシを作るなら コート紙かマットコート紙か!?

担当スタッフこんにちは、ハヤカワです。突然ですが、みなさんは「チラシ」お好きですか?私は大好きです(´∀`*)ウフフ。
ポストに投函されるチラシや新聞に折り込まれるチラシ、街で配布されるチラシなどなど…私たちの周りには多くのチラシが存在します。

もちろん、印刷会社の弊社でもチラシ印刷は定番中の定番商品です。

データはできた!サイズも決まった!用紙は…どれにしよう?
光沢がある方がいいかな?
厚みがある方がいいかな?
イメージがいいのはどんな用紙?

悩ましいですよね。そこで、どの紙選ぶ?をポイントに今回は「チラシを作るならコート紙かマットコート紙か!?」というテーマでお届けします。どうぞ最後までお付き合いください。

安価でキレイは「コート紙」

写真をきれいに見せたいし文字もしっかり読ませたい!

ちょっと高級な雰囲気にしたい!

用紙によって仕上がりって変わるものなの?!

などなど…用途やデザインに合った紙選びって難しいですよね。

弊社のチラシ/フライヤー印刷では、コート紙/マットコート紙/上質紙の3種類をご用意しておりますが・・・実は圧倒的にコート紙のご利用が多いのです!日々目にする一般的なチラシも光沢のあるコート紙が多いですよね。

3種類あるのになぜコート紙??

その理由は3つあります!

1.コート紙は比較的安価

印刷(用紙)の価格として、コート紙 < マットコート紙となるのが一般的です。販促物のコストを抑えようとすると、コート紙が選ばれやすくなります。

(ただし、ウエーブではコート紙もマットコート紙も概ね同価格でご提供しています!仕上がりのお好みに合わせてご選択くださいね。)

2.コート紙は発色が良い

コート紙の平滑な表面は、インキの載りも良く、期待通りの発色で再現されます。また用紙自体に光沢感があり、チラシとしての印象も良いですね。

3.コート紙は扱いやすい

これは印刷会社の言い分になりますが…(´∀`;)。
コート紙はマットコート紙や上質紙と比較して、印刷後の乾燥時間が短いのが特徴。(マットコート紙はインキの盛り量がすこーしだけ多いので、乾燥に時間がかかります。)

印刷工程にかかる時間が短縮できれば、作業の効率も上がります。同じ時間でもコート紙の方が多くの印刷物を生産できるので、印刷会社的にはコート紙をオススメしたい…というワケです。また、裏移りなどのトラブルも起こりにくいというメリットもあります。

なるほどー・・・でも用紙の使い分け方が、まだイマイチよくわからないなあ…。

承知しました!さっそくそれぞれの特徴をご紹介いたします。

コート紙・マットコート紙・上質紙 どんな基準で選べばいいの?

まずは各用紙の特徴を簡単にまとめました。

コート紙 マットコート紙 上質紙
コート紙 マットコート紙 上質紙
光沢あり 微光沢 光沢なし
色の再現:◎ 色の再現:◎ 色の再現:△
筆記:△ 筆記:○ 筆記:◎

コート紙、マットコート紙とも、いわゆる表面にコーティング加工された用紙(塗工紙)です。ツヤツヤと光沢があるのものを「コート紙」、ツヤを抑えたものを「マットコート紙」と呼んでいます。上質紙はコーティングはされていない、非塗工紙です。

コート紙

コート紙の用途例

用紙自体の光沢が特徴で、手触りはツルツルとしています。表面が平滑なので、インキのノリがよく、色の再現性に優れています。写真やカラーイラストが多いチラシに最適です。

ただし…コート剤によりツルツルとした表面なので、鉛筆やボールペンでの筆記やスタンプでの押印、インクジェットプリンタでの印刷には不向きです。

スーパーのチラシをはじめ、家電量販店や衣料量販店、ドラッグストアのチラシなど、いわゆる新聞に折り込まれるチラシの多くにコート紙が使われています。

マットコート紙

マットコート紙の用途例

コート紙と同じように表面がコーティングされていますが、光沢が抑えられたマット調の用紙です。光沢のある用紙に比べて、落ち着いた雰囲気に仕上がります。

光の反射が少ないので、文字が読みやすいというメリットがあります。鉛筆やボールペンでの筆記が可能ですがインクジェットプリンタでの印刷には不向きです。

コート紙とマットコート紙ではマットコート紙の方がコシがあるため、紙の厚み(斤量)は同じでもマットコート紙の方が厚みがあるように感じます。

上質紙

上質紙の用途例

一般的なコピー用紙と同様の質感です。コーティングされていないため、インキが沈みややくすんだ仕上がりとなります。人物の写真や、製品写真など、色味の再現を重視される場合にはやや不向きな用紙です。落ち着いた雰囲気にはなるので、使い方次第ですね。

筆記性は抜群!お手持ちのプリンター(レーザー、インクジェットとも)で印刷できる点も魅力です。

まとめ

用紙を選ぶときのポイントとして

  • ツヤツヤとした光沢のあるチラシ希望!→→→YES→→→コート紙
  • 写真やイラストがメインの紙面?→→→YES(色の再現性を重視)→→→コート紙
  • 写真と文字が混在?→→→YES(色の再現性と文字の可読性を重視)→→→マットコート紙
  • アンケート用紙など何か書き込む必要がある?→→→YES(筆記性を重視)→→→上質紙

以上の点を意識して用紙を選んでみてください。

それでも用紙選びに困ったら、お気軽にお問い合わせください。
無料サンプルもご用意しています!発色や光沢の感じ方は人それぞれ、ぜひ直接お手にとってご確認くださいね。

LINEで送る
Pocket