デザインテクニック

2010.08.30  

月刊デザインのプチテクニック第2回「デザインを始める前のチェックポイント」

LINEで送る
Pocket

月刊デザインのプチテクニック第2回「デザインを始める前のチェックポイント」

入稿データのデザインをつくる際に、思い込みばかりで先走ってしまい伝えたいことと見当違いのデザインになってしまったことはありませんか?
そんなポイントがずれたデザインにならないように、3つのポイントをご紹介します。

チェックポイント1「コンセプトを決める」

制作したいものが決まったら、情報を集めた上で方向性を決めます。「何をアピールしたいのか、誰をターゲットとしているのか…」などです。

コンセプトを決める太郎くんと花子さん

チェックポイント2「載せる情報の精査」

自分の伝えたい事ばかり押し付けたような内容だったり、必要のない情報まで詰め込んでしまうと、本当に伝えたい情報がわからないものとなります。
他の人が見ても何を伝えたいかわかるように、情報を精査していきましょう。

情報を精査する太郎くんと花子さん

チェックポイント3「全体的なイメージを考える」

チェックポイント1で決めたコンセプトに合ったイメージを考えます。
使用する画像や素材などでもイメージは変わるので、コンセプトに沿うように決めます。「はっきりとイメージが浮ばない…」という方は、同じ目的で制作されてあるチラシやHPなどを見て、デザインのイメージを固めていくのもアリかもしれませんね。

イメージを固める太郎くん

大事なのは「誰へ向けて発信するもので、どんな内容をを伝えたいのかをはっきりさせる」ことです。
せっかくのデザイン、自分の好きなように制作したいところです。しかし好き放題自由に作ってしまった結果、肝心な事が何も伝わらなくてはヤル気も半減してしまいます。
オリジナリティのあるデザインを取り入れつつも、制作の目的とずれていないか、もう一度ポイントをチェックしてみましょう。

>>デザイン制作をご希望の方はデザインアシストまで。

次回は「イメージを元にラフをつくろう」9月30日(木)更新予定

LINEで送る
Pocket

デザイン制作サービス

  • お客様のラフをもとにデザイン制作。デザインから印刷までのワンストップサービス。

    デザインアシスト
  • お客様に代わってデータを修正。入稿まで徹底サポート。印刷物からのデータ作成も承ります。

    修正サービス
  • デザインを企画から制作まで。ご要望に合わせ訴求力のある印刷物をご提案。

    フルデザイン