販促/マーケティング

2016.11.17  

イベントで大活躍!知っておきたい等身大パネルの基本知識

LINEで送る
Pocket

イベントで大活躍!知っておきたい等身大パネルの基本知識

等身大パネルは、店舗や企業の宣伝ツールとして利用されているほか、結婚式や誕生会、パーティーなど個人のイベントでも使われています。

見た目にインパクトのある等身大パネルですが、用途やサイズをよく知っておかないと十分に活用できません。ここで、基本的な知識をおさらいしておきましょう。

等身大パネルとは?

等身大パネルは、インパクトが大きいことから、店舗の販促や宣伝用の看板、イベントのアイキャッチとしてさまざまなシーンで活用されています。そんな等身大パネルとは、どんなものでしょう。

等身大パネル

等身大パネルとは、実物と同じサイズで作成したパネルを指します。対象は人物やキャラクター・製品などさまざま。それらの等身大の画像やイラストなどを印刷して作成します。

写真データを使って作成し、さらに実物と同じ大きさということで、インパクトのある宣伝・広報向けのパネルになります。特に宣伝目的で使われるパネル状の印刷物は「スタンディ」とも呼ばれます。

アイドルやキャラクターの等身大パネルを並べるとアイキャッチ効果抜群です。物産展などでは、ご当地キャラの等身大パネルをよく見かけるのではないでしょうか。

多くは非売品の宣伝ツール・ポップとして店頭で使用されますが、キャラクターなどの等身大パネルはパネルそのものが商品となることも少なくありません。

等身大パネルのサイズ

等身大パネルのサイズについて見ていきましょう。

等身大ですから、やはり実物と同じサイズが基本ですね。そのサイズは、人物やキャラクターなどの対象によって異なります。では、弊社の等身大パネルのサイズを元にご紹介していきます。

1人用のサイズ

1人サイズ

身長160センチメートル程度の女性から、身長180センチメートル程度の男性までが基本となるでしょう。

実寸のサイズで作成できる1800×900mm等身大パネルがオススメです。

2人以上のサイズ

2人以上のサイズ

複数の人物やキャラクターを起用する場合は幅・高さとも1人用と比べると設定サイズが大きくなります。

2350×1050mm等身大パネルがオススメです。3~4人のキャラクターやアイドルグループの等身大パネルを制作することも可能です。

四角い形状の等身大パネルだけでなく、キャラクターや人物の形に沿って切り抜かれた形状でも制作できます。等身大パネルを作るときはサイズとあわせて形状も考えておきましょう。

等身大パネルの用途

子どものころ、観光地や動物園などに設けられたパネルと一緒に記念撮影したことがある人は多いはずです。等身大パネルはどんなシーンで使用されているのか、それぞれ見ていきましょう。

宣伝ツール

宣伝ツールに使用

等身大パネルの用途として最も多いのは、店舗や企業の宣伝ツールとして利用されるものでしょう。

特に映画館やイベント会場では、スタンディと呼ばれる、主演役者やキャラクターをかたどった等身大パネルと記念撮影をするシーンをよく目にしますね。

飲食店では、店頭のメニュースタンドとして活用されます。大きなパネル状のメニューを店頭に設置することで、メニュー表示が見やすく、季節のオススメなど特にアピールしたい商品を目立たせることができます。

イベント

イベントに使用

イベントでは、案内板としてもよく利用されています。あるいは展示会用のパネルなら、来客者に展示へ興味を持ってもらうためのつかみとなることでしょう。

展示会用パネルではキャラクターのイラストに加え、展示内容に関する言葉を添えるといった工夫もよく見られます。

人をかたどった等身大パネルは大きなインパクトを発揮します。通常のものより迫力があり、店舗やイベントなどで使用すれば非常に目立つでしょう。

記念

記念として作成

個人で記念や記録のために等身大パネルを制作することもあります。多いのは、結婚式といったイベントで思い出を記録するために使用されるケースです。結婚式で新郎新婦の姿を等身大パネルで作成するとユニークで良い思い出になります。

また結婚式や二次会でのウエルカムボードとして設けられ、そこに寄せ書きされることもあります。新婦のウエディングドレス、新郎のタキシード姿の等身大パネルは、ご家族にとっても一生の思い出になるでしょう。

まとめ

大型で人目を引きやすいことから、宣伝ツールとして幅広く活用されている等身大パネル。制作時には写真やイラスト、文字などを上手くレイアウトして、目的にあったパネルにすることが大切です。

印刷方法や素材、形状などもひとつではありません。まずは、どこで利用するのか、どのように利用するのかを考え、最適な等身大パネルを制作するようにしましょう。

【PR】A6サイズから等身大まで!パネル印刷

等身大パネルまとめ

卓上におけるミニサイズから等身大の大型パネルまで印刷できるパネル印刷。

四角い形状の他、自由な形で作成できる自由カットのパネルもご用意しております。

またスチレンボードやダンボールパネルなどご用途やご予算に合わせメディアをお選びください。販促や宣伝ツールとして幅広くご利用いただけます。

等身大パネル印刷の商品ページはこちら

LINEで送る
Pocket