データ作成

2009.09.08  

ナンバリング

LINEで送る
Pocket

※(2018/11/20)記事の一部を加筆・修正しました。

オプション名称変更

ナンバリングオプションは、連番印字オプションバリアブルテキスト印字オプションへ名称変更いたしました。

今日は便利なオプション「ナンバリング」についてです。前回のチケット印刷の記事で少し触れましたが、整理番号や座席番号等としてお使い頂く番号を印字するサービスです。

「ナンバリングする際の印刷データはどう作ったらいいかわからない…」という方のために、ナンバリングオプションをご利用いただく際のデータ作成のポイントをまとめてみました。

データ作成の注意点

  • 白地部分を印字用に確保してください。インキがのっている部分には印字することができません!
  • 印字位置は仕上がり位置から3mm以上離してください。

その他の注意点

  • 印字は黒1色です。またフォントやサイズのご指定はできません。
  • 機械の特性上、2mm程度のずれやこすれが生じる場合があります。
  • ミラーケント紙のミラー面(光沢面)には印字ができません。
  • ミシン目加工以外の後加工との併用はできません。

連番印字とバリアブルテキスト印字の違い・使い分け方

【数字のみの単純な形式の場合】

連番印字

「No.001」など、連続した数字のみの印字は「連番印字」をご利用ください。

注文画面STEP3(オプション追加)で連番の開始番号から終了番号をご指定ください。印字枠(印字用の白地部分)は、縦6mm以上、横20mm以上必要です。

【座席番号等の複雑な形式の場合】

連番印字

「A席 3列 10番」等、日本語や任意の文字列を含むテキストは「バリアブルテキスト印字」より、印字の対応が可能です。

印字データ(弊社指定のテンプレート使用)と印刷データを一緒にご入稿ください。印字枠(印字用の白地部分)は、文字が全て収まる幅を設定してください。

データの作成についてご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

LINEで送る
Pocket