印刷用語集

2008.02.26  

ソイインキ(ソイインク/大豆油インキ)

LINEで送る
Pocket

先日より再生紙とソイインキの品質問題について報道されています。
ウエーブでは現在、再生紙のお取り扱いはしておりませんが、全てのオフセット印刷物はソイインキを使用しています。
弊社で使用しているソイインキは品質基準を満たしていることが確認できておりますので、どうぞご安心ください!

この最近話題のソイインキとは一体どんなインキなのでしょうか。
インキに大豆?不思議な組み合わせな気がしますね。

ソイインキ誕生のきっかけは、1970年代のオイルショックの際に、米国新聞協会が始めた、新聞のインキ中の石油を植物油に代えたインキ開発です。数ある植物油の中からインキに適した大豆油が石油系の溶剤の代わりとして選ばれたのです。
限りある資源の石油を節約するためにソイインキは誕生したのですね。

石油系のインキは大気中にVOCを放出し空気を汚します。代わりにソイインキを使用することにより、VOCの削減ができ大気汚染を抑制します。
ソイインキはゴミとして埋め立てられた際にも、植物油のため地中でそのほとんどが分解されます。
また、再生紙処理においては、インキを除去しやすいため紙繊維の損傷が少なくリサイクル用紙がより白く仕上がります。
いろいろと環境にやさしいインキなのです。

ソイインキ・ソイマークのご利用について

植物油インキ弊社では、ソイマークの配布等はしておりません。弊社のすべてのオフセット印刷商品には、環境にやさしい「植物油インキ」を使用しております。

ソイインキを使用した印刷物につけることができるソイマーク(ソイシール)のご利用には、お客様ご自身でアメリカ大豆協会(ASA)に申請が必要となり、許可された場合のみ利用可能となります。

植物油インキについての詳細は、会社概要ページ「環境への取り組み」または、印刷インキ工業連合会のホームページをご確認下さい。

LINEで送る
Pocket