商品ナビ

2010.10.15  

環境にやさしい「水なし印刷」がスタート!

LINEで送る
Pocket

環境にやさしい「水なし印刷」がスタート!

ウエーブでは14日より「水なし印刷」が新登場いたしました。
水なし印刷は、環境に優しく、エコの観点から注目度大の印刷技術なのですが、今回は、この水なし印刷がどう環境に優しいのか、簡単にご紹介していこうと思います。

水なし印刷の紹介の前に、まずはウエーブが通常印刷している「水ありオフセット印刷」についてです。“水あり”印刷と聞いて、「え!!紙に刷っているのに水を使うの!?」と驚かれた方もいらっしゃると思います。私も入社した当時はびっくりしました(;^_^A

実は、水あり印刷では、水が油をはじく性質を利用して印刷されています。
その際に、大量に「湿し水」という水が使用されるのです。また、刷版(印刷機にかける版)の現像時にもたくさんの「現像液」を使用します。こういった工程により、水ありオフセット印刷には大量の水がかかせないものとなっているんです。[下図イラスト:上]

一方、水なし印刷は、インキをはじく性質の刷版を使用しているため、まず湿し水の必要がありません。また、現像液も大幅に削減できるという環境への負荷が格段に少ない印刷技術となっています。[下図イラスト:下]

水なし印刷のしくみ

さて、私の拙い説明で、水なし印刷の環境にやさしい理由が、上手く伝わりましたでしょうか(^^;)?
今回スタートした水なし印刷が広くお客様に受け入れられことにより、一企業として環境保護に役立てればと考えております。少しでも環境を意識されているお客様は、どうぞ水なし印刷もご検討くださいませ。

「水なし印刷」は2013年1月29日をもちましてサービスの提供を終了させていただきました。

LINEで送る
Pocket