食生活の改善提案

2020.10.13  

【食生活の改善提案】季節の食材を取り入れましょう!「サトイモ」の 効用と簡単メニュー

LINEで送る
Pocket

【食生活の改善提案】季節の食材を取り入れましょう!「サトイモ」の 効用と簡単メニュー

ウエーブ産業医が社員専用サイトで公開している「季節の食材紹介と超簡単レシピ」を皆さんにもこっそりお教えする「食生活の改善提案」コーナー。
第7回目は「サトイモ」です!

寒暖差の大きい秋を元気に過ごそう!

朝晩めっきり冷え込んできました。はやばやと風邪をひく人も多いこの季節。健康食材を食べて、元気に過ごしましょう。

サトイモ

サトイモの効用

  • 血圧を下げる。
  • 血液中のコレステロールを減らす。
  • 食べても太りにくく、便秘解消効果がある。
  • 一緒に食べたたんぱく質の利用をよくする。

すごい効果があることが知られています。
さて、その簡単で美味しいレシピをご紹介しましょう。

サトイモのレシピ

レシピ1:レンジで簡単!ホクホクサトイモ

  1. 皮付き里芋5~6個を洗って、両端を少し切り落とす。(面倒ならそのままでもOK)
  2. ラップで包んで、600wのレンジで3分加熱する。
  3. すぐ水につける。
  4. 水の中でツルンと皮をむく。
  5. そのまま、または1個を3つ位に適当に切って、以下のどれかをかけて食べる。
  • 市販の柚子みそ
  • 市販のゴマみそ
  • 白みそとマヨネーズを半々にまぜたもの
  • 出汁入り醤油

レシピ2:サトイモの煮っころがし

  1. サトイモ5~6個(10~12個なら調味料は倍量)をレンジでチンして皮をむく【レシピ1:1-4】
  2. サトイモ5~6個につき、
    • 粉末だし 小さじ1
    • 砂糖 大さじ1
    • みりん 大さじ1
    • 酒 大さじ1
    • 薄口しょうゆ 大さじ1

    を鍋に入れる。
    (※この時、小さく切った鶏肉を、から揚げ1個分相当だけでも一緒に入れておくと、さらに美味!大胆にも冷蔵庫に残っているから揚げを適当に切って、入れてもOK。)

  3. サトイモを入れて、かぶるくらいまで水を足す。
  4. 水分がほとんどなくなるまで弱火にかけておく。(置くだけレシピ)
    (※急ぎなら強火でOK。焦がさないように鍋に着いていてくださいね。)
  5. 水分がほとんどなくなったら、火を止めて5分以上おく。これで出来上がり。
    (※ひと手間かけるなら、水気が少なくなって火を止める前にみりんを大1を入れて、少し焦げ目がつくまでお鍋を振ると、とても甘く香ばしくなる。)

レシピ3:サトイモと野菜のソース炒め

  1. サトイモ5~6個をレンジでチンして皮をむく。【レシピ1:1-4を参照】
  2. サトイモ1個を4枚くらいに薄く切る。
  3. フライパンに油大1を熱して、適当にちぎったキャベツ・ざく切り人参・ざく切り玉ねぎなどと一緒にフライパンで炒める。
    (※野菜の調理時間短縮には、ニンジンと玉ねぎをふた付き容器に入れて、600Wのレンジで5分以上チンするとよい。豚肉も入れると、さらに美味。)
  4. 火が通ったら、お好み焼き用のソースまたは焼きそばソースを入れて、さっとかき混ぜたら出来上がり。

秋は美味しい食材がたくさんあります。
バランスよく食べ、食欲の秋を満喫してくださいね。

健康レシピをぜひお試しください

LINEで送る
Pocket

健康経営優良法人

  • ウエーブは、3年連続「健康経営優良法人」の認定を受けています。

    健康経営優良法人