WAVEのとりくみ

2011.12.22  

放射線量の測定について

LINEで送る
Pocket

ウエーブでは、原子力発電所で起きた事故の影響を受けて、6月より敷地内の放射線量の測定を行なっております。
6月のブログ記事「放射線量の測定を開始しました。」では、仕入れた資材に対する測定状況をご報告させて頂きましたが、今回は、敷地内での放射線量の数値ををご報告させていただきます。

▼こちらは2011年11月の放射線量測定グラフです。

11月の放射線量測定グラフ

※単位:μSv/h
※グラフの紫ラインは、文部科学省が公開している滋賀県大津市の数値となります。
(「文部科学省」都道府県別環境放射能水準調査結果 ※外部サイト)
※平日のみの測定となります。

▼こちらは12月の放射線量測定グラフです。

12月の放射線量測定グラフ

7月より放射線量の測定をおこなっておりますが、現在のところ問題のある高い数値は出ておりませんので、ご安心ください。

毎朝、ウエーブ工場敷地内の排水溝付近4箇所の測定を行ない、数値をまとめております。
各地から資材を仕入れている関係上、放射線量の測定を行なう事で、お客様に少しでも安心してご利用頂ければと思います。
ウエーブでは、今後も引き続き、放射線量の測定を行なっていく予定です。

ウエーブでは、印刷物の放射線量を測定し、"結果報告書"として発行する『放射線量測定サービス』(3,150円)をご用意しています。ご希望の方は、商品ご購入の際、備考欄に「放射線量測定サービス希望」とご記入ください。

⇒ 放射線量測定サービスの詳細はこちら

LINEで送る
Pocket