印刷用語集

2010.01.26  

LINEで送る
Pocket

今日ご紹介する印刷用語は「歯(は)」です。
口の中にある歯と同じ字を書きます。歯は長さの単位で、Hと表すこともあり1歯は0.25mmです。0.25mmといえば…そうです。Q(級)と同じですね。級が文字のサイズを表すのに対し、歯は文字と文字の間や行と行との間を指定するときに使います。

DTPが普及する前は写植機を使って印刷の版下を作っていました。写植機は歯車を回転させて文字を送っていたのですが、歯という単位はその歯車のピッチが0.25mmであったことに由来するそうです。

初めて聞いた時は「歯なんて変わった単位だなぁ」と思いましたが、その由来を知ると納得できますね ・∀・)ノ

LINEで送る
Pocket