画像ファイル入稿・印刷データ作成方法/注意点
画像ファイルの保存形式と拡張子について

保存の前にご確認ください

ファイル形式は対応していますか?拡張子はついていますか?

画像ファイル入稿に対応している形式をご確認ください。
以下の画像形式で保存し、必ず拡張子をつけてご入稿ください。

対応している画像形式(画像の拡張子)

ファイル形式 読み方 拡張子 備考
推奨形式
TIFF
ティフ ○○○.tif/○○○.tiff 非圧縮画像。画質が劣化しないのが特徴。印刷に多く使われている。
推奨形式
JPEG/JPG
ジェイペグ ○○○.jpg/○○○.jpeg 圧縮画像。写真の表現などに適している。
PNG ピング ○○○.png ウェブ制作などで多く使われている。透明機能などがある。
GIF ジフ ○○○.gif ロゴマークなど、境界がはっきりしているイメージに向いている。
BMP ビットマップ ○○○.bmp Windowsが標準でサポートしている画像形式。
PICT ピクト ○○○.pict Mac OSが標準でサポートしていた画像形式の一つ。

非対応のファイル形式の場合は、データ不備となり、印刷作業に進むことができません。データのご修正と再入稿をしていただく必要がございます。

Photoshop以外のアプリケーションを使用してPSD形式に保存すると、予期せぬトラブルの原因となる場合があります。
PSD形式での保存が可能な場合でも、画像形式(上記フォーマット)にて保存していただくようお願いいたします。

※その他の画像ファイルでの入稿に関してはお問い合わせください。
お問い合わせフォームへ

このページのトップに戻る

TIFF形式とは

TIFFファイルのメリット

画像を圧縮せずに保存できますTIFF画像は、画像を圧縮せずに保存する特性があります。
そのため、保存のたびの画像劣化はありません。絵や写真などをさまざまなソフト間でやり取りすることが可能で、画像品質を保ったまま入稿していただくことが可能です。
画像入稿で最も推奨される形式です。

TIFFファイル保存時の注意

保存の際には低い圧縮率(品質:最高)を選択ご使用のソフトにて、保存時に「TIFF」をお選びください。
その際、圧縮は「なし」を選択してください。

  • TIFF画像は非圧縮のファイルのため、ファイルサイズが大きくなってしまいます。ご注意ください。

このページのトップに戻る

JPEG形式とは

JPEGファイルのメリット

JPEG画像は、デジタルカメラで撮影した写真・Web上などで多く使われております。
多くの色数を必要とする写真などの表現や、グラデーションのように色調が連続して変化する場合に適しています。

JPEGファイル保存時の注意

保存の際には低い圧縮率(品質:最高)を選択JPEG画像は圧縮画像形式のため、保存のたびに画質を落としながら圧縮されていきます。
そのため、できるだけ画質を保つことができるよう、保存の際には低い圧縮率(品質:最高)を選択してください。
強い圧縮をかけると、画像が劣化する原因となります。

圧縮率を高くすると画像が大幅に劣化します

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください

bookmark
Yahoo!ブックマークに登録
livedoorクリップに登録
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間