データ作成の前に
カラーモード(RGBとCMYK)とは?

RGBカラーとCMYKカラーの違い

「光の3原色(RGB)」と「色料の3原色(CMY)」、同じ3原色でも違う?

色の3原色には光の三原色(RGB)色料の3原色(CMY)があります。

RGBカラーとは

RGBカラーRGBカラーは、光の三原色「R(赤)・G(緑)・B(青)」のことです。
PCのモニターやデジカメ、スキャナなどは、このRGBカラーで色が表現されています。

これらは混ぜれば混ぜるほど色が明るくなり、白色に近づいていくため『加法混色』と言われています。

CMYKカラーとは

CMYカラーCMYカラーは、色料の三原色「C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)」のことです。

これらは混ぜれば混ぜるほど色が暗くなり、理論上は黒色に近づいていくため『減法混色』と言われています。

理論上と書いたのには訳があり、実際にはどんどん濁った灰色になっていくのですが、一般的にイメージする『黒色』にはなってくれません。 プロセスカラー印刷では、黒の部分を引き締めるために、シアン(C)・マゼンタ(M)・イエロー(Y)にブラック(K)のインキを加えた4色(プロセスカラー)でフルカラーを表現しています。

カラースペース(色表現の広さ)について

カラースペースRGBとCMYKでは、再現できる色の領域(色空間・カラースペース)が異なります。
右図から、RGBでは再現可能であってもCMYKでは再現できない領域があることがわかります。
そのためRGBで作成されたデータを印刷すると、再現できない領域が別の色(CMYKでの近似色)に置き換えられ、全体的にくすんだ色味に仕上がります。
※よって、印刷用データは、CMYKカラーで作成する必要があります。

このページのトップに戻る

カラーモードの設定方法

印刷用データはCMYKモードで作成してください

RGBカラーのまま入稿された場合

RGBカラーモードで入稿された場合、弊社にてCMYKカラーに自動的に変換いたします

RGBカラーのデータをCMYKカラーへ変換するため、PCのモニター上の色合いと印刷後の色合いに差が出てしまい、仕上がりがくすんでしまいます。これはRGBカラーとCMYKカラーとでは再現色域が異なるためで避けられないことです。ご理解をお願いいたします。

RGBカラーの画像とCMYKカラーの画像の比較

各アプリケーション別の作成方法

具体的な作成方法については、ご利用のアプリケーションによって異なります。
アプリケーション別のデータ作成ガイドをご覧ください。

Adobeアプリケーション

カラーモードを設定することができないアプリケーション

以下のアプリケーションは、カラーモードを設定することができません。色についての注意点をご確認下さい。

Photoshop ElementsまたはLE、Microsoft Office、その他レタッチソフトで、カラーモードをCMYKに設定できない場合は、RGBカラーのままご入稿ください。
※その場合、モニター上の見た目よりも、くすんだような仕上がりになります。ご了承ください。

このページのトップに戻る

bookmark
Yahoo!ブックマークに登録
livedoorクリップに登録
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間