商品ナビ

2017.02.22  

ぷっくり盛り盛り!触って楽しい「デコ(凸)印刷」

LINEで送る
Pocket

ぷっくり盛り盛り!触って楽しい「デコ(凸)印刷」

担当スタッフ

こんにちは。ブログ編集長の和田です。

昨年11月にリリースした「デコ(凸)印刷」。もうサンプルは見ていただけましたか?
白インキで厚盛りした上に、フルカラーで印刷をする。というちょっと面白い商品なんです!

本日は、この「デコ(凸)印刷」についてご紹介いたします。

「デコ(凸)印刷」ってどんな印刷なの?

「デコ(凸)印刷」は、インキを盛り上げるいわゆる「厚盛印刷」になります。
ところで、一般的に「厚盛印刷」というと、カラー印刷の上に透明な樹脂がぷっくりと乗っているイメージがありませんか?
もしくは、単色でしか盛れないイメージがありませんか?

WAVEの「デコ(凸)印刷」は違うんです!
白インキで盛り上げた上にフルカラーで印刷をしているので、従来の厚盛印刷とは仕上がりが全く異なるのです。

「デコ(凸)印刷」の仕上がりを写真でご紹介

デコ(凸)印刷サンプル全体像

では実際に写真で、見た目のディテールをご紹介いたします。

特徴がわかりやすいよう、白インクを通常の3倍盛ったサンプルを作成し、写真を撮影してみました。
右のデザインが全体像です。

文字等、細い線を白インキで盛った上に、単色でプリントしている部分

デコ(凸)印刷サンプルの文字部分

軟質プラスチックのような見た目、触り心地です。細い線も再現ができています。

広い面積を白インキで盛った上に、複数カラーでプリントしている部分

デコ(凸)印刷サンプルのグラデーション部分

発砲インキのようなふっくらとした見た目です。
単色だけではなく、このようなグラデーションカラーも表現可能です。

木目のテクスチャーを再現。額縁の部分

デコ(凸)印刷サンプルの額縁部分

見た目はほぼ「木」です。デザインによるところも大きいとは思いますが、部分的にはリアルな木に見えます。

いかがですか?
透明樹脂の厚盛印刷とは異なり“うるツヤ感”はありませんが、落ち着きのある仕上がりと、盛る範囲や高さを細かく変えられるところが「デコ(凸)印刷」の特徴です。

以前の記事「デトロイト美術館展(東京展)「さわれる複製画」を触ってきました!」でもご紹介したとおり、油絵の質感や筆のタッチの表現にもピッタリなんです。

一癖あり。「デコ(凸)印刷」データ作成のコツ

デコ(白インキ)用のデータは、出来上がりイメージを想像して…

「デコ(凸)印刷」をご利用いただく際に、ご注意いただきたいのがデータ作成です。
データは「カラー印刷用(プロセスカラー)」と、「デコ(白インキ)用」の二種類を作成いただく必要があります。

デコ(白インキ)用データは、弊社指定の特色カラーの濃淡で表現します。
特色の濃度が高い部分を厚く盛り、白い部分には盛りません。グラデーションを付けることで、中間の盛り方も表現できます。

ちなみに、先ほどのサンプルの場合は、以下のようなデータからできています。

デコ(凸)印刷サンプルのデザインデータ

「印刷用のデータ」は、チラシやカードを作る感覚でいつも通り作成いただけばよいのですが、「デコ(白インキ)用データ」の作成には一癖あり、カラー写真を単純にグレースケールにしただけでは、理想的な凹凸にならない場合があります。

下図は、出来上がりを想像しながら立体感を調整した例です。

デコ(凸)印刷サンプルのデザインデータ例

立体感を調整

  • 遠景は盛り上げたくないので白か、薄くする。
  • 近景は盛り上げたいので濃くする。
  • 水面は、筆のタッチを残しつつ滑らかに。
  • 橋の手すりは円柱状になるよう、中央を濃くしたグラデーションに。

まとめ

「デコ(凸)印刷」について駆け足でご紹介してまいりましたが、いかがでしたか?

一番のオススメは、油絵絵画風のアート作品として利用する方法です。
メトロポリタン美術館の収蔵品数十万点の画像が自由に使える著作物(パブリックドメイン)として公開されていますので、こういったものを利用してもいいかもしれませんね。(先ほどのデータ作成例で使用したのも、メトロポリタン美術館のウェブサイトでパブリックドメインとして公開されているモネの絵の画像です。)

データの作成方法に一癖ありますが、仕上がりは感動モノの盛り上がりです!無料サンプルをご用意しておりますので、ぜひお手に取って触ってみてください!

サンプル請求フォーム(無料)

【おまけ】展示会の様子をちょこっとご紹介

実は、冒頭でご紹介したサンプル。先日、東京で行わわれた「PAGE 2017」という印刷関連の展示会にて、某印刷機材メーカー様のブースに設置していただいたものです。

PAGE2017

来場者の方に、デコ(凸)印刷の魅力が伝わってるといいなー

【PR】触って楽しい「デコ(凸)印刷」

アート作品や、ウエディングカード、インビテーションカードなど、アイデア次第で幅広い用途でご利用いただける「デコ(凸)印刷」。
サイズは最小100mm四方から、A3サイズまで。お得なポストカード3種セットもご用意しております。気になるお値段は10枚税込11,550円から。A3サイズは1枚からお求めいただけます。

もっと大きなサイズや、白インキの2倍盛り、3倍盛りも承ります。お気軽にお問い合わせくださいませ。

デコ(凸)印刷について詳しくはこちら
お問い合わせフォーム

LINEで送る
Pocket