Illustrator

2009.06.19  

トリムマーク作成時の注意点

LINEで送る
Pocket

こんにちは。雨の季節ですが暑い日が続きますね。みなさまからご入稿いただくデータに「夏祭り」や「サマーセール」等の文字が目立つようになり、夏が近いことを感じています。まだ体が暑さに慣れない時期ですので、体調には十分お気をつけ下さい (*・ω・)

さて今日はIllustratorでトリムマークを作成する際の注意点です。
先日、お客様からのご入稿データにトリムマークのサイズがご注文サイズより3.5mmほど大きく作成されているものがありました。お電話でその旨お伝えしたところ「注文サイズの長方形からトリムマークを作成したんですが…やり直します」とのことでした。
しかし再度お送りいただいたデータをみるとまた同じサイズのトリムマークが。
もう1度お電話しトリムマークの作成方法を詳しくお聞きしてみると、仕上がりサイズの長方形を作成した際に、長方形の線の太さが10ポイントに設定されていたことが分かりました。線幅の分だけトリムマークが大きくなっていたのです。

トリムマーク作成の長方形は塗りと線の設定はなしにしてください。トリムマークは印刷物の仕上がり位置を示すマークですので 正確に作成をお願いします!

■トリムマークの作成方法
1. 仕上がりサイズの長方形を作成
2. 塗りと線の設定をなしに!
3. 「フィルタ」→「クリエイト」→「トリムマークを作成」

トリムマークが正確にできているかどうかを簡単に確認したい時は…
作成したトリムマーク全体を選択してみてください。その大きさは必ず仕上がりサイズ+25.4mmとなります。
例えば…A4【210mmX297mm】のトリムマークのサイズは【235.4mmX322.4mm】になります。
線設定があるとその分トリムマークの大きさが変わってしまい、【235.4mmX322.4mm】にはなりません。

jyouhou.jpg
254.jpg

トリムマークの作成方法はこちら
[データ作成ガイド]サイズとトリムマーク(トンボ)設定方法

定型サイズのご注文の際には便利なテンプレートをご利用ください
テンプレートのダウンロード(無料)

LINEで送る
Pocket

デザイン制作サービス

  • お客様のラフをもとにデザイン制作。デザインから印刷までのワンストップサービス。

    デザインアシスト
  • お客様に代わってデータを修正。入稿まで徹底サポート。印刷物からのデータ作成も承ります。

    修正サービス
  • デザインを企画から制作まで。ご要望に合わせ訴求力のある印刷物をご提案。

    フルデザイン