商品ナビ

2015.04.10  

写真やイラストを鮮やかに!ビビットカラー中綴じ冊子が登場

LINEで送る
Pocket

記事に記載の料金は税抜き価格、または旧料金となります。
最新情報はネット印刷通販のWAVEよりご確認ください。

写真やイラストを鮮やかに!ビビットカラー中綴じ冊子が登場

担当スタッフ印刷のウエーブをご利用いただきありがとうございます。仙台でもチラホラ桜が咲き始めましたね*編集長の五十嵐です。

今回は、中綴じ製本冊子印刷(オンデマンド)対応の、ビビットカラー印刷についてご紹介します。イラストレーター・写真家・デザイナーのみなさまへ向けたイチオシ新商品です。

ビビットカラー印刷とは

ビビッドカラー印刷は、RGB(レッド・ブルー・グリーン)などの鮮やかな色味を表現することが可能です。

「印刷用にCMYKカラーに変換したら、くすんだ印象になった」
「印刷したらモニターで見ていた色味と違う仕上がりになった」

上記のような「色味に対する悩み」 を経験したことがある方にとって、ビビットカラー印刷はおすすめの印刷方式なのです。

ではさっそく、ビビットカラー印刷と通常の印刷を比較してみましょう!
(※画像は印刷物のスキャンデータです。画像補正等はしておりません!キリッ)

比較サンプル画像
写真を比較します。ビビットカラー印刷は、植物本来の鮮やかさが出て美しいです。

比較サンプル画像
次はイラスト。ビビットカラー印刷は、よりポップで力強い印象に仕上がりました。

違いがお分かりいただけたでしょうか?(//^o^//)
ビビットカラー印刷は通常の印刷と比較して、彩度が高く、メリハリの効いた印象になっています。

データはRGBモードで作成OK!

私(五十嵐)もビビットカラーに挑戦してみました~!(//^//)
…ど、どうでしょうか?パッと見で分かるくらいビビット感が出ています。

比較サンプル(五十嵐)

データを作るときはRGBモードで作成しました。
カラーモードを設定できるソフトを使われる場合、カラーモードを「RGBモード」に設定してから作成してくださいね♪
>> ビビッドカラー印刷のデータ作成ガイドはこちら

sRGBに近い色再現領域を実現

秘密は「高彩度トナー」にあり!

鮮やかな表現ができる理由は、高彩度トナーにあります。sRGB(モニターの色表現)に近い色域で、蛍光色や原色を可能な限り再現しています。下の図を見ると、ビビットカラーの色域はモニターのものと似ていますね(・o・)b

lab色空間での比較画像

実物を見て確かめたい方は、無料の資料請求フォームよりサンプルをご請求ください。
ビビットカラーのサンプルだけではなく、ウエーブの商品サンプルも同梱し、全て無料でお客様にお届けいたします。ぜひ、ご利用ください♪

>> 【ビビットカラー無料サンプル】資料請求窓口
※追加希望商品サンプルの「オンデマンド印刷紙サンプル」にチェックをいれてください。

>> ビビットカラー印刷とは

ビビットカラー中綴じ冊子の価格は?

気になるお値段は、A6仕上がり8ページ10部が3,020円(税抜)、A4またはB5仕上がり8ページ10部が4,230円(税抜)となっています。特殊なトナーを使用しておりますが、オンデマンド印刷ということで格安価格でご利用いただけます♪

ご注文の際は、中綴じ製本冊子印刷(オンデマンド)の料金表にて、カラーの項目を「ビビットカラー」にしてご注文ください。

ご注文方法

>> 中綴じ製本冊子印刷(オンデマンド)のご注文はこちら

写真集やフォトブックが満足な色に仕上がらなかった…という方、彩度の高いイラストを描いて画集を作りたい!という方。
ビビットカラー印刷をぜひ一度お試しください^^ご利用お待ちしております♪

LINEで送る
Pocket