スタッフ紹介

2013.12.19  

【印刷現場超速報~新入社員による実況見聞録~】潜入調査~宛名印字担当~  東出

LINEで送る
Pocket

【印刷現場超速報~新入社員による実況見聞録~】潜入調査~宛名印字担当~  東出

『現場』

このたった2文字の向こうに、様々な情景が広がります。
機械の轟音、重なる印刷紙、画面に吸い付くような目、頭を悩ませる人たち。
そして、必死にメモを取り、頭を下げ、目を回しながら走る私達『新入社員』

これは、新入社員による、新入社員への突撃現場インタビューの記録です。

担当スタッフブログチーム小笠原です。オンデマンド特集3回目の今回は、普段はあまり入ることができない密室に潜入です。

今年春、印刷のウエーブにも、未来を夢見る若人達、次世代の担い手たる新入社員が入社いたしました。厳しい研修をたくましく乗り切り、5月には仮配属、8月には各部署に本配属となりました。

シリーズ【印刷現場超速報~新入社員による実況見聞録~】は、既に先輩と同じような業務を任せられている人も多くいる‘新入社員’‘新入社員’がインタビューしてみよう!という企画です。

「どんな仕事をしているの?」「現場についてどんなことを思う?」など、新入社員の目線で印刷現場を実況中継しております。

※PCからアクセスの場合、下点線表示の用語はマウスオーバーマウスを重ねることで簡単な解説をご覧いただけます。

ピンポーン。
私はベルを押します。ガチャリと鍵が開きます。

ここは印字室です。
小奇麗な部屋には木製の大きな机、本棚、1台のパソコンと、およそ5メートルほどの印刷機が1台あります。チッチッチッチ…と規則正しい稼動音を発しながら、チケットがベルトコンベアを流れていきます。

ドアはオートロックで施錠され、外からは開けることができません。そのため、ベルがついているわけなのです。この完全な密室で、ひとり印字作業をしているのが東出さんです。今日はいつにも増して仕事が多いようです。作業する手が止まったのを見計らって、インタビュー開始です。

電話で救援要請

本日はかなり作業量が多く1人ではこなせないため、電話で救援を呼ぶ東出

~潜入調査 宛名印字担当~東出

印刷物の検品中

Q.今は何をしてたんですか。

東出:印字にかすれ紙が刷れてインキが落ちることとか、抜けゴミ等によってインキがうまくのらなかった部分がないか見てた。今から検品します。

—パラパラパラと紙をさばく—

かすれとか、にじみ部分的にぼやけてしまうこととか、裏写り他の印刷物のインキがついてしまうこととかたまにあんねんかあります、の関西弁。ここのニュアンス的には、あるんですよね…に近い。。あと、印字以外にも印刷汚れがついてたりすることがあるけど、

—パラパラパラ—

キレイですね!

Q.それで、気になってたんだけど、1人っきりってどうですか?

東出:さびしいですね。1日ずっとこの部屋で作業やってても、あんまり人が入ってこない。(入ってくるとしたら)オンデマンド課の人たちと、上長。

筆者:あと僕みたいなインタビュアーくらいですか。
東出:そうそう。珍しいおきゃくさん。

Q.なんでこの部屋って、こんなにセキュリティーが高いの?

東出:個人情報がたくさんあって、宛名印字だったら、住所とか、氏名が入ってる。それが持ち出されたら、情報漏洩に繋がる。連番印字連続した数字を印字していくこととかバリアブルテキスト印字印刷物1枚1枚に違う文字(異なる宛先など)を印字することの商品には、ライブのチケットとかもあるから、もし盗まれたりしたら大変なことになります。それを守るためにも完全に密室にしてる。

<ミニコラム>宛名印字とは

宛名印字の機械

仕上がった印刷物にバリアブル可変的に、の意味。に宛名住所を印字することができるサービスです。
Microsoft Excel、csv形式で作成いただいた名簿データを1枚ずつ印字します。各種DMダイレクトメール。最近では迷惑メールと思われることも多いですが、会員になっている企業からのお知らせや、パフレット等のことを言います。などに住所・氏名・職業など個人や個別なデータを直接印刷できます。

>>宛名印字オプションはこちら

Q.印字の仕事がないときオンデマンド課は仕事量の波が激しいため、他のところにヘルプに行ったり、来てもらったりということがよくあります。は何をしてるの?

東出:機械のメンテナンスしたり、ポスターとかレーザープリンターのところにいって仕事を覚えたり。

筆者:他の機械も触ってるんだね。

東出:例えばポスターは大久保君印刷現場超速報5回~大きなものから小さなものまで~大久保に教わって、断裁と検品ができるようになりました。でもまだデータの振り分けとかはできませんね。印字とは勝手が違うから難しくて。
あと(寺田さん担当の)レーザープリンター印刷現場超速報4回~黙々と仕事をする~高性能カラーレーザープリンター担当 寺田で検品。検品は慣れてるからババっとお手伝いしてますね。

Q.ポスターの方で予期せぬエラーが出る(詳しくは超速報第5回へラスタライズされていないデータは、印刷時にオブジェクトが消える場合があります。)って話があったけど、謎のエラーとか、困った問題などはある?

東出:予期せぬ・・・あ、データの送り間違い!
筆者:それは人災です。
東出:大部数の2万とか3万枚の印字があんねんかここは、あるんですよ!に近い。たくさん注文がいただけることへの歓喜の声。。パソコンから(印刷機に)データを送る時、印刷ページの番号を打ち間違えて(大量に間違ったデータを印刷機に送信してしまい)、そのデータを消すのにすごい時間かかった・・・っていうのは最初のうちは結構やってました。エラーの復旧は大変だった。

Q.仕事は覚えられた?

東出:ずっとこの部屋にこもってるから覚えなしゃーない覚えないと仕方ない、の関西弁。アクセントは「しゃ」。。覚えるには適した部屋かもしれない。始めたときは、・・・まずパソコンが苦手だから、ショートカットキーとか、パソコンの基礎の基礎から教えてもらってました。

筆者:システム終了とか、パソコンの再起動とか?
東出:そ、そこはまだ大丈夫やねん!コピーとか貼り付けとか、エクセルの使い方とかから教えてもらってました。最初は500部の印字に20分くらいかかってたけど、今は同時進行で検品しながら次のものを流したり印刷することを流すという場合があります。してるから、10分とかで終わる。
今は(時間をかけすぎてしまうと)時間がもったいなくてしょうがない。

Q.いつくらいからひとりで?

東出:9月の初めくらいから。それまでは先輩と2人で仕事をしていたんだけど、先輩は今Indigo(デジタルオフセット印刷機)次回登場します。をやったりしてます。印字が忙しいときはこっちに来てくれはる。関西弁で、来てくれます、の尊敬語

前に印字データをつくるのにややこしい、難しいものがあって、先輩にお願いしようとしたら、

「これから1人でやるんだから、他人任せなことしてたらあかん!」

って怒られた。これからは他人任せにせず頑張っていきます。1人でやっていかないといけませんから。

デジタルオフセット印刷は、2014年6月17日をもちましてオンデマンド印刷と統合いたしました。デジタルオフセット印刷の用紙、加工オプション等はオンデマンド印刷でご利用いただけます。

年末は年賀状宛名印字対応の「はがき印刷」で承っております。とか一杯来るでしょうな。

年賀状印刷

東出:うん。この部屋にパレット印刷物を運ぶための大きな台を入れて、どれから手をつけていこうか悩むみたい。
筆者:年末にかけては応援してます。

駆けつけた寺田と東出

東出の救援にかけつけた寺田。
オンデマンド課では担当機械を越えたヘルプがよくあります。

オンデマンド課のインタビュー中、「印字が大変らしい!」とよく耳にしていましたが、今回も部屋に印刷物があふれていました。たくさんのご注文ありがとうございます。

次回の「印刷現場超速報」、オンデマンド特集もラストです。乞うご期待。

インタビュー日:9月30日 オンデマンド課 東出
ライター:小笠原

印刷現場超速報 過去記事紹介

LINEで送る
Pocket