ご質問回答Q&A

2011.05.16  

ブログQ&Aコーナー「折り加工について教えてください」

LINEで送る
Pocket

こんにちわ、印刷のウエーブの橋本です。

ウエーブでは先日、折り加工のお値段を一部改定させていただきました。今までの価格より安く、折り加工が提供できるようになりました。
>> 折り加工オプション
https://www.wave-inc.co.jp/products/option/ori.html

そこで今日は、折加工について寄せられる色々なお問い合わせを紹介させていただきます。

◎ 注文した商品のうち、一部だけ折加工をしたいんです。

一部だけ折り加工例えば、5000部ご発注いただいたフライヤーのうち、3000部のみ折加工をした状態で、残りの2000部は加工をせずに納品してほしい。こういったお問い合わせをしばしばいただきます。

これ、可能なんです(*´ω`*)b

ご注文の際の備考欄で、折る枚数のご指示をください。
料金も折る枚数に合わせて変更となります。
ただし、ご対応可能な加工枚数は1000部単位のみとなります。
また、発送は折加工の仕上がりに合わせて全部同時の出荷となります。

◎ 折り位置をずらすことは可能でしょうか?

折り位置をずらす

これも可能です(*´ω`*)b

例えば実際にあった例としては、410mm×297mmを展開サイズとして、10mmずらして折ることによってA4サイズに仕上げる印刷物とか。これはA3変型フライヤーや、折パンフレット印刷としてご対応可能です。
ずらして折るに際して、別途料金などは発生しません。
通常の折加工の料金でご対応可能です。

しかしながら、ずらして折ることができない場合もあります。
例えばW折で両側をずらして折ることはできません。
これは機械で折るため、どうしてもできない仕様となってしまいます。

例:A4フライヤーにW折り加工をつけていただき、70mm、78mm、70mm、78mmで折るなど。

W折りの注意点

さて、ずらして折る場合の折り位置の指示はガイドで示してください。

>> データ作成の注意点
https://www.wave-inc.co.jp/data/products/

>> PDF(Illustrator/Indesign)やMicrosoftOfficeでご入稿の場合
https://www.wave-inc.co.jp/data/products/pdf_option.html

◎ 折加工と併用可能な加工はありますか?

折り加工と孔開け加工これは孔開け加工のみ可能になります。
折った印刷物に孔を開けて、バインダーに綴じたりできるわけです。

ミシン目加工や角丸加工とは併用ができませんのでご了承ください(´・ω・`)

使い方次第で色々できる折り加工ですので、お安くなったこの機会にぜひご検討いただけますと幸いです。ではでは今回はこの辺りで失礼させていただきます。

LINEで送る
Pocket