※こちらのコンテンツは、雑誌『PRESIDENT』の 2009年10.5号 〜 2010年5.31号 に掲載された過去の広告記事となります。現在の情報とは異なる部分もございますのでご了承ください。

通販印刷で劇的コストカット

インターネットから印刷物注文をしてみれば、コストダウンを実感できる。

「通販印刷で劇的コストカット」第04回 通販印刷が本当に安い5つの理由[中編]

今回も引き続き通販印刷の安さの理由を紹介していきます。

「通販印刷が本当に安い5つの理由」その3:職人に頼らない独自の品質管理システム

[写真]工場内の湿度管理システム

空調システムにより工場内は常に適正温度(23℃±2℃)/湿度(55%±5%)に保たれています。

オフセット印刷の品質は平たく言えばインクの着き方が全てであり、それには温度、湿度、水の性質など様々なアナログ的要素が影響します。
高い品質を保つには相当な経験と知識を必要とし、印刷機オペレータが職人と称されるのはそのためなのです。

しかしながら職人の目と経験に頼り切ってしまうと格安な印刷物を提供することは難しいと言えます。
数少ない職人が全ての工程をチェックしていては進行が滞ってしまうからです。

[写真]赤外線放射温度計

工場内の至る所に温度計と湿度計を設置し場所毎にチェックを行います。赤外線放射温度計を用いての測定も欠かせません。

WAVEでは可能な限り品質管理をシステム化し、印刷職人の負担を軽減することで低コストを実現しています。
例えば最新鋭の印刷機を導入することでメンテナンスを軽減、色測定システムを用いた仕上がり確認、画像データに合わせた自動インク量調整などが挙げられます。
印刷以外の工程では印刷物をコンピュータ制御で仕上がりサイズに切り分ける半自動断裁、入稿データの不具合を発見するデータチェックシステムなどを導入しています。

職人の技術と合理的な品質管理システムの融合こそが高品質を保ちながら、格安で印刷物を提供できる理由なのです。

チャレンジ25のバナー

工場以外のオフィススペースではチャレンジ25に準じ夏は28度/冬は20度の室温に調整されています。

「通販印刷が本当に安い5つの理由」その4:原材料の大量現金買い付け

印刷物の製造には原材料として洋紙、インク、アルミ版、様々な溶剤などが必要で、製造費の大部分はこの原材料費が占めています。
WAVEでは大量現金買い付けによって原材料コストを圧縮しています。
これはインターネットを利用して全国から安定した受注を得ているからこそ可能な方法と言えます。(後編につづく)

[図]大量現金買い付けによる原材料費の削減

前の記事を見る

次の記事を見る

このページのトップに戻る

「通販印刷で劇的コストカット」の連載について

通販印刷とは

インターネット上で入稿していただいた印刷用のデジタルデータを印刷物にして日本全国に納品するサービスです。(メディアのご郵送によるご入稿も承っております。)
一見、印刷会社と通販とは結びつかないイメージを持たれるかもしれませんが、近年のDTPの普及により印刷データはほぼデジタル化しているため、実はインターネット通販にとても適した業態と言えるのです。

さらに弊社では、最先端設備の使用、受注のシステム化、材料資材の独自ルート買い付けなど、弊社独自のノウハウを駆使することで、圧倒的な安価にて高品質のオフセット印刷をご提供することが可能となりました。

こちらのコンテンツでは連載記事を通して通販印刷のコストカット効果、その魅力についてご紹介していきます。

雑誌PRESIDENT 2010年01.04号
PRESIDENT 2010年01.04号に
第4回の広告記事を掲載中です

このページのトップに戻る

このページのトップに戻る