チラシ・ポスター・名刺・フライヤー印刷のことなら印刷のWAVE

CSR(Corporate Social Responsibility)企業の社会的責任

人と環境に優しい印刷【WAVE】 > CSR(企業の社会的責任)

環境への取り組み

ビジョン・戦略

弊社の事業活動の2大中心の一つである「環境保護」において、「環境保護のための革新的メッセージを世界に発信する企業」を目指し、日々努力をしています。

環境保護活動と環境負荷

弊社は、環境にやさしい資材や機器の購入、リサイクル、二酸化炭素排出量の削減、電気や水の消費量削減など、事業活動全般にわたって、常に環境負荷を軽減する努力を行っています。

株式会社ウエーブは「fun to share」に参加しております

気候変動キャンペーンFun to Share・ロゴマーク弊社では、地球温暖化の防止、環境への負荷の低減に取り組んでおります。環境に配慮した魅力ある商品作りの実施、「リサイクル」「リユース」を徹底する事は勿論、ゴミそのものを減らす「リデユース」にも日々改善を模索しております。「fun to share」の活動に参加することで、社員全員が会社内だけではなく、終業前後や休日にも高い意識を持って行動しています。

クリオネマークゴールドプラス認証を取得

クリオネマークゴールドプラスロゴ弊社は、日本で最高レベルの環境保護印刷を行う会社として認知され、「クリオネマークゴールドプラス」認証を取得しています(PIN NO.P12-0175)。

弊社の目指すところは、人体に影響を及ぼす薬品を排除し、揮発性の有機溶剤を全く使用しないかほとんど使用しない印刷できれいな空気を保ち、廃液を流さず水や土壌を保護することです。この究極の目標に向かって常に走りながら、最高の品質で業界最高の環境に優しい製品の数々をお届けしています。

物作りに対する取り組み

Japan Color認証を取得

JapanColor認証ロゴ最高品質のオフセット印刷を安定して行う、弊社の高い技術が認められ、「Japan Color標準印刷認証」を取得しています。

しかし、さらなる品質の向上のために常にシステムの改善に取り組んでおります。

品質マネージメントシステムを確立・推進

弊社のシステムは、

  1. 品質をお客様および社会の要望に的確に適合させています。
  2. 品質に関する規則、法律、各種関連規格を順守しています。
  3. 当社基準に合った品質の材料を使用しています。
  4. 当社基準に合った機材を使用しています。

リスクマネージメント・情報セキュリティ

ISO27001を推進

JapanColor認証ロゴ弊社はすでに以下の対策を講じております。

  1. 自然災害時の対策
  2. 河川決壊時の対策
  3. 火災などの事故対策
  4. 感染症対策
  5. 製品、材料の放射能汚染に対する対策
  6. 個人情報保護のための対策
  7. 技術情報保護のための対策
  8. BCP(事業継続計画)の策定

安全衛生

管理体制

弊社は独自の安全衛生対策を推進するとともに、5S活動を実施し、職場・設備の安全衛生点検を徹底して行っています。

安全衛生委員会を設置

弊社は、社長、産業医、安全管理者、衛生管理者及び選抜された社員が参加する、安全衛生委員会を毎月1回開催しています。

そこでは、実際に職場の巡視を行い、社内での安全衛生に関する問題点を見つけ出し、また情報を交換し、ルールを作り、現状を改善する行動をただちに取っています。

当社独自の“世界で最も厳しい安全基準”を採用

弊社は以前から最新鋭の自動化の進んだ設備で運用いたしており、安全面でも全く問題がありませんでした。

ところが、御存じのように、一部の校正印刷会社の労働者に胆管癌が頻発するという、大変な事態が起こりました。そこでは、もともと高い危険性が認識されていた有機溶剤を大量に使用し、狭い部屋で換気をせずに、何ら防護具を付けずに、手動で長時間の作業が行われていたそうです。彼らの材料、労働環境、手動での作業、設備や機械・・・すべてが弊社とは全くかけ離れた状況です。しかしこの問題は、印刷業界全体にとっての悲劇であります。環境保護印刷で指導的立場を自負する弊社として、革新的な模範を示し、印刷業に携わる多くの人々を不安から解放することが使命であると、強く感じました。そこで、我々はただちに行動を開始しました。すでに弊社の労働条件・衛生状況は十分に安全安心なものでありましたが、さらに安全な材料と機器を世界中に求め、導入しました。さらに、世界で最も厳しいヨーロッパの安全基準を上回る当社独自の基準を、産業医の指導のもと、運用を始めました。

現在、弊社はより安全で、より環境に配慮した、品質の高いサービスをご提供できていると、確信しています。

人権に関する弊社の行動規範

国連の指導原則を遵守します

弊社は2011年に国連によって採択された、「ビジネスと人権に関する指導原則」を企業活動に導入しています。世界中の様々な文化、宗教、法律や規則を理解し敬意を払う、最大限の努力をします。

ほかにも弊社はさまざまな社会的活動をしています

障害者雇用を積極的に推進

障害者雇用の促進等に関する法律で義務付けられた、日本の一般企業における法定雇用率は2.0%です。しかし、滋賀県の障害者雇用率は1.81%にすぎず、全国の障害者雇用率も1.76%にとどまっています。
これに対して、弊社では法定雇用率を常に達成しています。

東日本大震災からの復興を支援

弊社では、東日本大震災において、義援金の拠出、義援金付商品の取り扱い、希望する弊社社員によるボランティア活動への参加と参加者への奨励金支給ならびに特別有給休暇制度の創設をしました。
2012年11月には仙台事業所を設立し、すべて正社員の形で現在約95名の社員が勤務しています。

今後も、地元での雇用促進と労働人口流出の抑制、ならびに地元経済の活性化を通して、被災地を長きにわたって支援し続けていきます。

もっと近くに、もっと元気に!2012年11月5日WAVE仙台事業所開業

(2014年10月1日現在)