WAVEデザインカレンダー
世界の風景
(2021年版)

オランダ 満開のチューリップ

オランダ 満開のチューリップ

16世紀にトルコからオランダへ伝来したチューリップは、オランダの気候に適していたことから広く普及し世界シェアNo.1になりました。キンデルダイクの風車群は世界遺産にも認定されています。

[1月] シンガポール マリーナベイの年明け

[1月] シンガポール マリーナベイの年明け

シンガポールの中でも定番の観光地であるマリーナベイエリア。大みそかには毎年華やかなカウントダウンイベントが催されます。花火や大規模なプロジェクションマッピングが人気です。

[2月] カナダ 銀世界とオーロラ

[2月] カナダ 銀世界とオーロラ

カナダのイエローナイフは、世界屈指のオーロラ遭遇率を誇り「オーロラの都」とも呼ばれています。先住民のテント「ティーピー」など暖かい屋内でオーロラの出現を待つことができる施設も整っているので快適にオーロラ鑑賞ができます。

[3月] アメリカ 快晴のザ・ウェーブ

[3月] アメリカ 快晴のザ・ウェーブ

アメリカ西部に位置する「グランドサークル」の中でも特に秘境として人気です。自然保護区に指定されているため、一日に20人しか入ることが許されず、滅多に観光できない場所です。

[4月] オランダ 満開のチューリップ

[4月] オランダ 満開のチューリップ

(表紙と同様)

[5月] 中国 黄山 夢筆生花

[5月] 中国 黄山 夢筆生花

黄山夢筆生花は、標高1,600mの峰の頂上にある一本の古松で、故事の「筆に花が咲く夢」から名付けられました。40年ほど前に枯れてしまいましたが、現在は人工的に移植された松が育っています。

[6月] イギリス 初夏のビッグベン

[6月] イギリス 初夏のビッグベン

イギリス・ロンドンの象徴とも言えるビッグベンは、英国国会議事堂として使用されているウェストミンスター宮殿内の大時鐘のことを指します。ビッグベンというのは愛称で正式名称は「エリザベスタワー」です。

[7月] ノルウェー フロム旧市街の教会

[7月] ノルウェー フロム旧市街の教会

フロム旧市街は、ノルウェーのソグネフィヨルドに面した村です。フロム教会は、1667年建造の木造の教会で、夏季シーズンの見学することができます。

[8月] クロアチア 真夏のドブロブニク

[8月] クロアチア 真夏のドブロブニク

オレンジ色の屋根と海のコントラストが美しいドブロブニクは、アドリア海に面した小さな港町です。その絶景から、「アドリア海の真珠」とも呼ばれ、人気の観光地です。

[9月] モロッコ 砂漠に映るラクダの影

[9月] モロッコ 砂漠に映るラクダの影

モロッコと言えば地平線まで続くサハラ砂漠。アメリカ大陸とほぼ同じ面積を持ちます。昼と夜の寒暖差が激しく、厳しい環境ですが、夕暮れの景色は格別です。

[10月] トルコ カッパドキアの街並み

[10月] トルコ カッパドキアの街並み

アナトリア高原に位置するカッパドキアは、トルコ屈指の観光地として人気です。不思議な形の岩は、火山の噴火によって堆積した凝灰岩や溶岩層が侵食されて現在の風貌になりました。

[11月] ラトビア 色鮮やかなリガ旧市街

[11月] ラトビア 色鮮やかなリガ旧市街

美しい街並みを讃えて「バルト海の真珠」や、「バルトのパリ」とも呼ばれているリガは様々な国の文化や特徴を取り入れた建築物が並びます。旧市街は13世紀から18世紀の堀に囲まれた地域で、中世の建築物が今も残っています。

[12月] ドイツ クリスマスマーケット

[12月] ドイツ クリスマスマーケット

ドイツの年間イベントで最も重要視されるクリスマス前には、各地でクリスマスマーケットが開催されます。伝統の民芸品の他にも会場限定のカップに入ったグリューワインも売られており、マーケットの名物になっています。


WAVEデザインカレンダーとは?

選べる3つのカレンダー

SHERE このページをシェアする?