商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
ビビッドカラー印刷 データ作成ガイド Indesign入稿

目次

ビビッドカラー印刷は、sRGBに近い色域で、蛍光色やレッド、グリーン、ブルーなど従来、モニターには表示できても印刷ができなかった、鮮やかな色彩を再現可能です。

ビビッドカラー印刷とは

ドキュメントの作成

データ作成時の注意点は以下をご確認ください。

このページのトップに戻る

ドキュメントの保存

InDesignからPDFへ書き出し

メニュー項目

PDF書き出し
[ファイル]→[書き出し]

書き出しダイアログ

書き出しダイアログ
[名前]:任意
[形式]:Adobe PDF(pdf)
※Windowsは「ファイルの種類」

新規PDF書き出しプリセットを設定します

「一般」項目

「一般」項目

標準
なし
互換性
Acrobat7(PDF1.6)
オプション
web表示用に最適化:オフ

「圧縮」項目

「圧縮」項目

圧縮
カラー画像
ダウンサンプリングなし
グレースケール画像
ダウンサンプリングなし
モノクロ画像
ダウンサンプリングしない
画像データをフレームにクロップ
オン

「トンボと裁ち落とし」項目

「トンボと裁ち落とし」項目

トンボ裁ち落とし
[トンボとページ情報]:
内トンボ オン
外トンボ オン
センタートンボ オン
[種類]:丸付きセンタートンボ
[太さ]:0.10 mm
裁ち落とし
[天・地・ノド・小口]:3mm

「色分解」項目

カラー
[カラー変換]:出力先の設定に変換(カラー値を保持)
[出力先]:作業中用RGB - Adobe RGB (1998)

「色分解」項目

「詳細」項目

「詳細」項目

フォント
[サブセットの全フォントに対する割合]:100%
透明の分割・統合
[プリセット]:高解像度 (※)
  • (※)設定が選択できる場合に設定してください。

フォントの埋め込みについて

PDF作成においては、基本的に全てのフォントを埋め込まなければお客様の意図しない出力結果となりますのでご注意ください。埋め込まれていないフォントは違うフォントで置き換わってしまう為です。
また、フォントによってはライセンス上、埋め込む事が出来ないフォントがございます。(ダイナフォント、創英フォントなどです。)そのようなフォントをご利用になるときはアウトライン化を作成して頂くか、違うフォントをご利用頂く必要があります。ご注意下さい。
データのプリフライト

「セキュリティ」項目

「セキュリティ」項目

設定しないでください

以上で設定は終了です。[書き出し]ボタンでPDFを書き出してください。

PDF形式で書き出されます

自動的にトリムマークのついたデータ書き出すと、右図のように、自動的にトリムマークのついたデータとなります。

書き出し完了後、入稿の前には書き出されたPDFデータをチェックをして、データに問題がないか再度ご確認下さい。

このページのトップに戻る

ご入稿前に:書き出したPDFの最終確認をお願い致します

書き出したPDFデータを開いて頂き、ご希望のデータに仕上がっているか最終確認をお願い致します。
※PDFデータはAdobe systemsのAcrobat、またはAdobe Readerで内容を確認する事ができます。
(Adobe ReaderはAdobeのHPより無償でダウンロードできます)

入稿前の最終チェックシート

このページのトップに戻る

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social