コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
ビビッドカラー印刷 データ作成ガイド

ビビッドカラー印刷について

ビビッドカラー印刷は、sRGBに近い色域で、蛍光色やレッド、グリーン、ブルーなど従来、モニターには表示できても印刷ができなかった、鮮やかな色彩を再現可能です。

ビビッドカラー印刷とは

対応アプリケーション

このページのトップに戻る

ビビッドカラー印刷 共通の注意点

RGBモードでデータを作成・保存してください!

RGBモードでデータを作成してください

カラーモードを設定できるアプリケーションソフトの場合、カラーモードを「RGBモード」に設定しデータの作成をしてください。
カラーモード(RGBとCMYK)とは?

CMYKで作成されたデータをご入稿の場合、ビビッドカラー印刷の効果を正しく得ることはできません。また使用されている効果が得られない場合や、見た目に変化が起こる場合がございます。

このページのトップに戻る

アプリケーション別の注意点

対応アプリケーション データ作成の注意点 作成方法を確認
Ai Illustrator カラーモードを「RGBモード」、カラープロファイルを「Adobe RGB 1998」に設定しデータを作成してください。
※弊社テンプレートをご利用いただく場合は、テンプレートのカラーモードを「RGBモード」に変更してご使用ください。
Illustrator作成方法
Ps Photoshop Photoshop作成方法
PDF IllustratorPDF カラーモードを「RGBモード(※)」、カラープロファイルを「Adobe RGB 1998」に設定しデータを作成してください。
※InDesignはカラーモードの設定は必要ありません。
データを作成後、弊社指定の書き出し方法(ビビッドカラー印刷用)でPDFへ書き出してください。
IllustratorPDF作成方法
Id InDesign InDesign作成方法
Office Microsoft Office 「Officeそのまま入稿オプション」または「CubePDF」のみ対応。
データの作成は通常と同様です。
Officeそのまま入稿作成方法
CubePDF CubePDF入稿 データの作成は通常と同様です。 CubePDF作成方法
画像ファイル入稿 画像ファイル入稿 ご使用のアプリケーションソフトで
カラーモードをRGBに設定しデータを作成してください。
画像ファイル作成方法

このページのトップに戻る