• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
オリジナルリボン作成 データ作成ガイド

オリジナルリボン作成

店名やロゴ・メッセージを印刷できる!ラッピングや装飾用に幅広く使えるオリジナルリボンです。
詳しくはオリジナルリボン作成をご確認下さい。

この商品の仕様/料金を確認

対応アプリケーション

AiAdobe Illustrator (一部最新機能は除く) 対応バージョン

PsAdobe Photoshop (一部最新機能は除く) 対応バージョン

画像ファイル画像ファイル入稿 TIFF(推奨)、BMP、JPEG、GIF、PNGなど

officeMicrosoft Office ワード・パワーポイントなど(Winのみ) 対応バージョン

  • PDF形式のご入稿はご利用いただけません。

オリジナルリボン作成  共通の注意点

印刷可能範囲について

ご入稿いただいたサイズのデザインデータを繰り返して印刷します

ピッチ幅の左右に余白は入りません。20mm(2cm)から1000mm(100cm)幅の範囲内でデザインデータを作成してください。
ご入稿いただいたデータを1ピッチとして繰り返して印刷します。各ピッチの間には余白は入りませんので、余白が必要な場合はデータ作成の際に考慮して作成してください。

リボン幅の両端に余白が入ります

テンプレートは余白を除いた印刷可能範囲でサイズ設定されています。テンプレートを使用される際は設定されたサイズから変更しないようお願いいたします。

テンプレートで設定されたサイズが印刷ピッチとなります。各ピッチの間には余白は入りません。

リボンの向きにご注意ください

「左出し」または「頭出し」リボンの出し方向は「左出し」または「頭出し」となります。テンプレートは左出し(横向き)、頭出し(縦向き)両方をご用意しております。

データ作成時の注意点

カラーデータは不備となります。データは黒(K100%)のみで作成してください

カラーは不可 カラー情報がある場合は不備となり印刷工程へ進めることができません。
データにはカラーを使用せず、黒(K100%)で作成してください。
グレースケールの使用、グラデーションの使用等データ内で濃淡をつけたデータは予期せぬ結果となる場合があり、仕上がりは補償出来ません。

背景をベタで作成するのはご遠慮下さい

背景をベタで作成するのはご遠慮下さい背景の広範囲にベタを使用すると、仕上がりが予期せぬ結果となる場合があります。

作成データから多少拡縮して印刷されます

機械の性能上、作成データから多少拡縮して印刷されます。
目盛り等の厳密な寸法表記があるデザインには適しておりません。予めご了承ください。

文字の大きさ、線の太さにご注意ください

非常に細かい文字や線は、つぶれやかすれの原因となる場合がございます。
文字の大きさは11ポイント以上、線の太さは0.5ポイント以上を推奨いたします。
※曲線の印刷は、直線と比較すると再現性が劣る場合がございます。

【印字例】
文字・線の太さの注意

このページのトップに戻る

アプリケーション別 データ作成の注意点

アプリケーション 形式 作成方法を確認
Ai Adobe Illustrator AI・EPS >> Illustrator作成方法
Ps Adobe Photoshop PSD・EPS >> Photoshop作成方法
Office Microsoft Office そのまま・中間ファイル >> Office作成方法
画像ファイル入稿 画像ファイル入稿 JPEG・TIFF・PNGなど >> 画像ファイル作成方法

Illustratorで作成される場合

テンプレートをご用意しています

下記リンクより、テンプレートをダウンロードし、データ作成にご利用ください。

指定の範囲内に作成してください(塗り足しは不要です)

文字やオブジェクトはガイド内に収まるよう配置してください

ガイド内にデザインを作成 テンプレートには、予めサイズ設定したガイド線とトリムマークが配置されております。デザインはこの指定の範囲内に作成してください。
斜線ガイドの範囲はオブジェクトを配置されても印刷されませんのでご注意ください。

画像を配置する場合は、カラーモードと解像度にご注意下さい

画像ファイルはモノクロ2階調300dpi推奨

300dpi 画像データを配置することも可能です。その場合、使用される画像ファイルのカラーモードはモノクロ2階調、解像度は300dpiで作成してください。
Photoshop形式のテンプレートをご利用いただくことを推奨いたします。

Illustrator入稿ガイドIllustratorでデータ作成される場合は、Illustrator入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
Illustrator入稿 印刷データ作成方法/注意点

このページのトップに戻る

Photoshopで作成される場合

テンプレートをご用意しています

下記リンクより、テンプレートをダウンロードし、データ作成にご利用ください。

テンプレートを使用したデータ作成手順

新規レイヤーにデザイン作成

デザインを作成

新規レイヤーを作成し、そこにデザインを作成してください。
「※このレイヤーは削除してください」のレイヤーには作成しないでください。

※このレイヤーを削除してから保存して下さい

注意書きレイヤーを削除

「※このレイヤーは削除してください」のレイヤーを削除してください。
デザインを作成されたレイヤーを削除しないようお気をつけ下さい。

画像を統合

レイヤーを統合して別名保存して完成

レイヤーを統合し、別名保存でPhotoshopEPS形式(推奨)で保存してください。
Photoshopのデータ保存方法について詳しくは、Photoshop入稿 印刷データ作成方法/注意点「Photoshop(eps・psd形式)の推奨保存設定」をご確認下さい。

  • 塗り足しは不要です。カンバスは印刷可能範囲にて設定しておりますので、カンバス内に収まるようデザインを作成してください。
  • テンプレートのカラーモードはグレースケールに設定しております。CMYKやRGBなどのカラーモードに変更しないでください。
  • テンプレートの解像度は、300dpiに設定しております。解像度やサイズは変更しないでください。

Photoshop入稿ガイドPhotoshopでデータ作成される場合は、Photoshop入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
Photoshop入稿 印刷データ作成方法/注意点

このページのトップに戻る

Officeファイルで作成される場合

「Officeそのまま入稿」「Office中間ファイル入稿」のみ対応となります。

サイズ設定方法

塗り足しは必要ありません。データサイズは、印刷可能範囲(リボン幅×ピッチ幅)を基準に作成してください。
※印刷可能範囲は下記の表をご覧ください。

オリジナルリボンサイズ表

リボンの種類 印刷可能範囲
リボン幅 ピッチ幅
15mm幅リボン 11 mm 20 mm〜1000 mm
38mm幅リボン 32 mm 20 mm〜1000 mm

InDesign入稿ガイドOfficeソフトでデータ作成される場合は、Office入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
Office入稿について

このページのトップに戻る

画像ファイルで作成される場合

サイズ設定方法

データサイズは、印刷可能範囲(リボン幅×ピッチ幅)を基準に作成してください。
印刷可能範囲の画像を作成していただき、TIFFやJPEGなどの画像形式に書き出してご入稿ください。

サイズ、解像度の設定方法は、ご使用のソフトによって異なります

テープピッチ 画像サイズは印刷可能範囲のサイズ、画像解像度は300dpi(※推奨)で作成してください。
※サイズをピクセルにて設定される場合は、下記のサイズ表(ピクセル表記)または、入稿用画像サイズ計算ツールを参考にご作成ください。
塗り足しは不要です。

オリジナルリボンサイズ表(ピクセル表記)

リボンの種類 印刷可能範囲
(リボン幅)
印刷可能範囲(ピッチ幅)
20mm 150mm 300mm 1000mm
15mm幅リボン 11mm /130 pixel 236 pixel 1772 pixel 3543 pixel 11811 pixel
38mm幅リボン 32mm /378 pixel

画像ファイル入稿ガイド画像ファイルでデータ作成される場合は、画像ファイル入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
画像ファイル入稿 印刷データ作成方法/注意点

このページのトップに戻る

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください

この商品の関連ページ

この商品の仕様/料金を確認

この商品のテンプレート

商品・加工別のデータ作成ガイドトップへ戻る

その他の関連ページ

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間