• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

Officeデータ変換オプションOffice入稿形式 選択のポイント-あなたはどっち派?-

Office入稿形式 選択のポイント「あなたはどっち派?」
便利でお得な中間ファイル?初心者でも安心そのまま入稿?

Office入稿を
お考えの方へ

「中間ファイル入稿」
「そのまま入稿」を選ぶ
ポイントをご紹介します。

パソコンを使った作業や、データ作成に慣れている?

パソコンに慣れているなら中間ファイル入稿がおすすめ

オススメの理由

中間ファイル入稿では、お客様ご自身でご入稿の前に、Officeで作成したデータを「中間ファイル」に書き出していただきます。
そのため、そのまま入稿の場合よりも作成方法が少し複雑になっています。
Office中間ファイル入稿データ作成ガイド

作成に自信がないならそのまま入稿がおすすめ

オススメの理由

そのまま入稿をご利用の場合、作成したデータをそのまま入稿していただくだけですので、パソコン操作やデータ作成が苦手でも簡単にご利用いただけます。
Officeそのまま入稿データ作成ガイド

やっぱり安さ&早さ重視!できればお金はかけたくない?

変換料金は一切無料です中間ファイル入稿がおすすめ

オススメの理由

中間ファイル入稿をご利用の場合は、印刷データへの変換料が一切必要ありません。
中間ファイル入稿に対応するすべての商品において、データ変換料は無料です。
対応商品・ご利用料金のページ

有料でもプロに任せたい…!そのまま入稿がおすすめ

オススメの理由

印刷データへの変換作業は、すべて弊社のスタッフにお任せください。お客様の方で面倒な設定や書き出しは不要です。
ただし、ご利用にはデータ変換料が必要となります。
対応商品・ご利用料金のページ

フォント(文字の装飾)には、どちらかといえばこだわりがある?

ご希望のフォントが使用可能中間ファイル入稿がおすすめ

オススメの理由

対応フォントに関わらず、一部のフォントを除いて、ほとんどのフォントが使用可能です。
※Excelをご利用の場合はご注意ください。
※DF&DHP特太ゴシック廉価版(バンドル版)は使用できません。

フォントについて(Office中間ファイル入稿の作成ガイド)

そんなにこだわっていない…そのまま入稿対応フォントで作成いただければ問題ありません

※ご注意ください!

対応外フォントを使用されている場合、フォントが予期せず置き換わってしまい、レイアウトが大きく変わってしまう場合があります。必ず対応しているフォントをご利用ください。
Office対応フォント一覧表

デザインにこだわりのあるお客様には、中間ファイル入稿を推奨しております

フォント変化・レイアウト崩れが起こってしまう場合があります

変換結果をご確認いただき、問題がないか必ず確認してください

Office入稿をご利用の場合、印刷データに変換されたPDFをご確認いただく際に、デザインや色・フォントなどが大きく変わってしまう場合があります。中間ファイル入稿ご利用の場合であれば、納得のいくまで何度でも無料で再修正・再入稿していただけます。(※)

※再入稿のタイミングによっては、納期が延びる場合があります。※印刷開始の指示後の再入稿はできません。
※そのまま入稿ご利用時に再入稿をご希望の場合は、その都度に変換料が発生します。ご注意ください。

より詳しい比較のページについては下記ボタンより移動してください

入稿形式を比較する

OfficeデータもPDF形式で入稿可能「CubePDF入稿」に対応開始!

【オススメ】OfficeデータをPDF形式で入稿(無料)
無料ソフト「CubePDF」を使用して書き出したPDFの入稿が可能です。WindowsXP以降の32bit/64bitに対応(PowerPoint2007のみ非対応)。>>CubePDFの利用方法はこちら

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください

その他の関連ページ

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間