• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

Office入稿共通・印刷データ作成方法/注意点
画面上と仕上がりの色が変わってしまいます

色が変わってしまう理由

Office入稿の場合、CMYKカラーへの変換が不可能であるため、パソコンの画面上で表示されているとおりの色は印刷で再現することが出来ません。
特に、蛍光色のような鮮やかな色はくすんだ色に変換されます。

色の変換イメージ

RGBカラーモードで入稿された場合、弊社にてCMYKカラーに自動的に変換いたします

RGBカラーのデータをCMYKカラーへ変換するため、PCのモニター上の色合いと印刷後の色合いに差が出てしまい、仕上がりがくすんでしまいます。これはRGBカラーとCMYKカラーとでは再現色域が異なるためで避けられないことです。ご理解をお願いいたします。

RGBカラーとCMYKカラー?

RGBとCMY印刷に適したカラーモードはCMYKカラーです。
RGBカラーとCMYKカラーとは、色の再現領域が異なります。RGBカラーとCMYKカラーの詳細については、データ作成の前に「カラーモード(RGBとCMYK)とは」をご確認ください。

ビビッドカラー印刷

写真やイラストを鮮やかに再現するなら「ビビッドカラー印刷」がオススメ!高彩度トナーの使用により、sRGBに近い色域で、蛍光色やレッド、グリーン、ブルーなどの原色の鮮やかな色彩を可能な限り再現いたします。

グレースケールに変換する場合の注意点

モノクロ印刷をご注文いただいた際、すべてのオブジェクトに対して、グレースケールへの変換をしていただく必要があります。
変換によって、色のイメージが大きく変わってしまう場合がありますので、ご注意ください。

グレースケール変換イメージ

  • 薄い色(とくに黄色など)は見えづらくなります。
  • ディスプレイ上で識別できていても、変換によって色が同化してしまう場合があります。
  • 違う色でも、濃淡が似ていると、変換後に区別できなくなる場合があります。
OfficeデータもPDF形式で入稿可能「CubePDF入稿」に対応開始!

【オススメ】OfficeデータをPDF形式で入稿(無料)
無料ソフト「CubePDF」を使用して書き出したPDFの入稿が可能です。WindowsXP以降の32bit/64bitに対応(PowerPoint2007のみ非対応)。>>CubePDFの利用方法はこちら

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください

Office中間ファイル入稿トップへ戻る  Officeそのまま入稿トップへ戻る

その他の関連ページ

Officeデータ入稿

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間